山田 剛司

前立腺癌における転写因子Yin-Yang 1 (YY1) の役割(第93回日本泌尿器科学会総会)

著者
本郷 文弥
山田 剛司
水谷 陽一
フエルタ サラ
ガルバン エルメス
ベガ マリオ
ボナビダ ベンジャミン
三木 恒治
出版者
社団法人日本泌尿器科学会
刊行物名
日本泌尿器科學會雜誌96巻2号56-57p
ISSN:00215287
所属
本郷 文弥
社会保険京都病院泌尿器科
山田 剛司
水谷 陽一
京都府立医科大学泌尿器科
フエルタ サラ
カリフォルニア大学ロサンゼルス校免疫・微生物学教室
ガルバン エルメス
ベガ マリオ
ボナビダ ベンジャミン
三木 恒治

7198 阪神・淡路大震災における地震火災に関する研究 : その2 出火原因の考察

著者
岩見 達也
室崎 益輝
山田 剛司
Iwami Tatsuya
出版者
社団法人日本建築学会
刊行物名
学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題1995巻号395-396p
ISSN:13414534
所属
岩見 達也
Iwami Tatsuya
神戸大学大学院
Graduate School, Kobe Univ.
室崎 益輝
神戸大学工学部
Dept. of Construction, Faculty of Engineering, Univ. of Kobe
山田 剛司
地域環境防災研究所
Institute of environment & safety planning.

7197 阪神・淡路大震災における地震火災に関する研究 : その1 火災の概要について

著者
越山 健治
室崎 益輝
山田 剛司
岩見 達也
Koshiyama Kenji
出版者
社団法人日本建築学会
刊行物名
学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題1995巻号393-394p
ISSN:13414534
所属
越山 健治
Koshiyama Kenji
神戸大学大学院
Graduate School, Kobe Univ.
室崎 益輝
神戸大学工学部
Dept. of Construction, Faculty of Engineering, Univ. of Kobe
山田 剛司
地域環境防災研究所
Institute of environment & safety planning.
岩見 達也

7193 阪神・淡路大震災における市民消火行動に関する研究(その2) : 神戸市における調査を通して

著者
室崎 益輝
山田 剛司
大森 寿雅
Mrosaki Yositeru
出版者
社団法人日本建築学会
刊行物名
学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題1995巻号385-386p
ISSN:13414534
所属
室崎 益輝
Mrosaki Yositeru
神戸大学工学部建設学科
Dept. of Construction, Faculty of Engineering, KOBE Univ.
山田 剛司
地域環境防災研究所
Institute of environment & safety planning
大森 寿雅
神戸大学大学院
Graduate School, KOBE Univ.

7192 阪神・淡路大震災における市民消火行動に関する研究(その1) : 神戸市における調査を通して

著者
大森 寿雅
室崎 益輝
山田 剛司
Omori Suga
出版者
社団法人日本建築学会
刊行物名
学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題1995巻号383-384p
ISSN:13414534
所属
大森 寿雅
Omori Suga
神戸大学大学院
Graduate School, KOBE Univ.
室崎 益輝
神戸大学工学部建設学科
Dept. of Construction, Faculty of Engineering, KOBE Univ.
山田 剛司
地域環境防災研究所
Institute of environment & safety planning

建設活動の誘導による都市の不燃化に関する研究 : 大都市を例として その2 : 都市計画

著者
堀内 三郎
室崎 益輝
日野 宗門
山田 剛司
平家 直美
出版者
社団法人日本建築学会
刊行物名
学術講演梗概集. 計画系52巻1611-1612p
ISSN:
所属
堀内 三郎
京大
室崎 益輝
神戸大
日野 宗門
京大大学院
山田 剛司
アーバンプランニング
平家 直美

建設活動の誘導による都市の不燃化に関する研究 : 大都市を例として その1 : 都市計画

著者
堀内 三郎
室崎 益輝
日野 宗門
山田 剛司
平家 直美
出版者
社団法人日本建築学会
刊行物名
学術講演梗概集. 計画系52巻1609-1610p
ISSN:
所属
堀内 三郎
京大
室崎 益輝
神戸大
日野 宗門
京大大学院
山田 剛司
アーバンプランニング
平家 直美

大震火災対策からみた建築物の動態に関する研究 : (その2)-大阪市における場合を例として : 都市計画

著者
堀内 三郎
室崎 益輝
日野 宗門
森下 弥三郎
山田 剛司
出版者
社団法人日本建築学会
刊行物名
学術講演梗概集. 計画系51巻1275-1276p
ISSN:
所属
堀内 三郎
京大
室崎 益輝
日野 宗門
京大大学院
森下 弥三郎
建設省建築研究所
山田 剛司

大震火災対策からみた建築物の動態に関する研究 : (その1)-大阪市における場合を例として : 都市計画

著者
堀内 三郎
室崎 益輝
日野 宗門
森下 弥三郎
山田 剛司
出版者
社団法人日本建築学会
刊行物名
学術講演梗概集. 計画系51巻1273-1274p
ISSN:
所属
堀内 三郎
京大
室崎 益輝
日野 宗門
京大大学院
森下 弥三郎
建設省建築研究所
山田 剛司

京都市のビルに於ける形態別火災危険の研究(その2) : 建築計画

著者
堀内 三郎
室崎 益輝
山田 剛司
宮内 尚志
出版者
社団法人日本建築学会
刊行物名
学術講演梗概集. 計画系50巻955-956p
ISSN:
所属
堀内 三郎
京大
室崎 益輝
山田 剛司
宮内 尚志

京都市のビルに於ける形態別火災危険の研究(その1) : 建築計画

著者
堀内 三郎
室崎 益輝
山田 剛司
宮内 尚志
出版者
社団法人日本建築学会
刊行物名
学術講演梗概集. 計画系50巻953-954p
ISSN:
所属
堀内 三郎
京大
室崎 益輝
山田 剛司
宮内 尚志

27aWB-13 Si(111)-(7×7)表面におけるH_20の吸着・反応(表面・界面構造, ダイナミクス,領域9(表面・界面, 結晶成長))

著者
山田 剛司
大塚 靖仁
奥山 弘
有賀 哲也
Yamada T.
Ohtsuka Y.
Okuyama H.
Aruga T.
出版者
社団法人日本物理学会
刊行物名
日本物理学会講演概要集60巻1号37-46p
ISSN:13428349
所属
山田 剛司
Yamada T.
京大院理
Kyoto University
大塚 靖仁
Ohtsuka Y.
奥山 弘
Okuyama H.
有賀 哲也
Aruga T.

21pXF-4 Cu(110)表面上に形成された水一次元鎖のSTM観察(表面界面構造,領域9(表面・界面,結晶成長))

著者
山田 剛司
奥山 弘
有賀 哲也
Yamada T.
Okuyama H.
Aruga T.
出版者
社団法人日本物理学会
刊行物名
日本物理学会講演概要集60巻2号157-227p
ISSN:13428349
所属
山田 剛司
Yamada T.
京大院理
Kyoto University
奥山 弘
Okuyama H.
有賀 哲也
Aruga T.

APP-075 IPSS質問票の各症状に特異的な患者のQOLを評価するVisual Analogue Scale質問票の有用性の検討(総会賞応募ポスター,第94回日本泌尿器科学会総会)

著者
牛嶋 壮
浮村 理
山田 剛司
鈴木 啓
平原 直樹
白石 匠
沖原 宏治
米田 公彦
前川 幹雄
伊達 成基
水谷 陽一
河内 明宏
三木 恒冶
出版者
社団法人日本泌尿器科学会
刊行物名
日本泌尿器科學會雜誌97巻2号84-85p
ISSN:00215287
所属
牛嶋 壮
京都
浮村 理
山田 剛司
鈴木 啓
平原 直樹
白石 匠
沖原 宏治
米田 公彦
前川 幹雄
京都民医連中央病院泌尿器科
伊達 成基
湖北総合病院泌尿器科
水谷 陽一
河内 明宏
三木 恒冶

41(P-1) アメフラシ由来真菌の産生する細胞接着阻害物質(ポスター発表の部)

著者
山田 剛司
入谷 雅士
箕浦 克彦
沼田 敦
Yamada Takeshi
Iritani Masashi
Minoura Katsuhiko
Numata Atsishi
出版者
天然有機化合物討論会
刊行物名
天然有機化合物討論会講演要旨集46号221-225p
ISSN:
所属
山田 剛司
Yamada Takeshi
大阪薬大
Osaka University of Pharmaceutical Sciences
入谷 雅士
Iritani Masashi
箕浦 克彦
Minoura Katsuhiko
沼田 敦
Numata Atsishi
抄録
Based on the fact that some of the bioactive materials isolated marine animals have been produced by bacteria, we have focused our attention on new antitumour materials from microorganisms inhabiting the marine environment. As part of our ongoing seach for new antitumour metabolites produced by microorganisms from marine organisms, peribysins A (1)- I (9) have been isolated from a strain of Periconia byssoides OUPS-N 133 originally separated from sea hare Aplysia kurodai. The relative stereostructures of 1- 9 have been elucidated on the basis of spectroscopic analyses using 1D and 2D NMR techniques and some chemical transformations. Compounds 1-9 were examined together with haerbimycin A as standard sample in the cell adhesion assay using human-leukaemia HL-60 cells and human-umbilical-vein endothelial cells (HUVEC). As a result, all of these compounds inhibited the adhesion of HL-60 cell to HUVEC more potently than herbimycin A. Among them, 1 and 4 exhibited especially potent inhibitory activities, and their activities were 127 to 380 times as potent as herbimycin A.

77(P-34) 海水魚ヤナギベラ由来放線菌の産生する新規細胞毒性物質の化学構造(ポスター発表の部)

著者
山田 剛司
箕浦 克彦
沼田 敦
Yamada Takeshi
Minoura Katsuhiko
Numata Atsushi
出版者
天然有機化合物討論会
刊行物名
天然有機化合物討論会講演要旨集43号455-460p
ISSN:
所属
山田 剛司
Yamada Takeshi
大阪薬大
Osaka University of Pharmaceutical Sciences
箕浦 克彦
Minoura Katsuhiko
沼田 敦
Numata Atsushi
抄録
Based on the fact that some of the bioactive materials isolated from marine animals have been produced by bacteria, we have focused our attention on new antitumor materials from microorganisms inhabiting the marine environment. As part of our ongoing search for new antitumour metabolites produced by microorganisms from marine organisms, halichoblelide A (1)-C (3) have been isolated from a strain of Streptomyces hygroscopicus OUPS-N92 originally separated from the marine fish Halichoeres bleekeri. Compounds 1-3 were assigned the molecular formulae C_<54>H_<85>O_<19>, C_<51>H_<84>O_<15> and C_<50>H_<82>O_<15>, respectively, as deduced from [M+Na]^+ peaks in HRSIMS. The absolute stereostructures for these metabolites have been elucidated on the basis of spectroscopic analyses using 1D and 2D NMR techniques and CD spectra for the dibenzoates of the degradation products of these compounds. All these compounds exhibited potent cytotoxicity in the P388 lymphocytic leukemia test system in a cell culture.

67(P-51) ムラサキウニ由来真菌の産生する新規細胞毒性物質の化学構造(ポスター発表の部)

著者
山田 恭子
土井 光暢
山田 剛司
箕浦 克彦
沼田 敦
Yamada Kyoko
Doi Mitsunobu
Yamada Takeshi
Minoura Katsuhiko
Numata Atsushi
出版者
天然有機化合物討論会
刊行物名
天然有機化合物討論会講演要旨集42号397-402p
ISSN:
所属
山田 恭子
Yamada Kyoko
大阪薬大
Osaka University of Pharmaceutical Sciences
土井 光暢
Doi Mitsunobu
山田 剛司
Yamada Takeshi
箕浦 克彦
Minoura Katsuhiko
沼田 敦
Numata Atsushi
抄録
Marine microorganisms are potentially prolific sources of highly bioactive secondary metabolites that might represent useful leads in the development of new pharmaceutical agents. As part of our ongoing search for new antitumour metabolites produced by microorganisms from marine organisms, anthcolorins A (1)-H (8) have been isolated from a strain of Aspergillus versicolor OUPS-N136 originally separated from the sea urchin Anthocidaris crassispina. The absolute stereostructures for these metabolites have been elucidated by spectroscopic and X-ray analyses. Compounds 1-4, 7 and 8 are tricyclic diterpenes with an oxindole moiety, while 5 and 6 have structures in which the C-ring of 1 and 2 is opened. Among these compounds, 1-4 exhibited significant cytotoxicity against cultured P388 cells.

101(P50) 海藻由来Penicillium属真菌の細胞毒性代謝産物の構造(ポスター発表の部)

著者
岩本 千佳
山田 剛司
榎本 正一
箕浦 克彦
沼田 敦
Iwamoto Chika
Yamada Takeshi
Enomoto Shoichi
Minoura Katsuhiko
Numata Atsushi
出版者
天然有機化合物討論会
刊行物名
天然有機化合物討論会講演要旨集41号601-606p
ISSN:
所属
岩本 千佳
Iwamoto Chika
大阪薬大
Osaka University of Pharmaceutical Sciences
山田 剛司
Yamada Takeshi
榎本 正一
Enomoto Shoichi
箕浦 克彦
Minoura Katsuhiko
沼田 敦
Numata Atsushi
抄録
Marine microorganisms are potentially prolific sources of highly bioactive secondary metabolites that might represent useful leads in the development of new pharmaceutical agents. As part of our ongoing search for new antitumor metabolites produced by microorganisms from marine organisms, we have previously isolated penostatins A-D, F and G from a strain of Penicillium sp. originally separated from the marine alga Enteromorpha intestinalis, and their stereostructures have already been reported. Further investigation for metabolites of this fungal strain has now led to the isolation of eight additional new compounds, penostatins H-O, of which the absolute stereostructures have been elucidated by spectroscopic analyses. The interesting fact was found through this experiment that this fungus produces some pairs of the stereoisomers, between which all the asymmetric centers except for one (C-5) have the opposite absolute configurations. It was considered that all the penostatins from this fungus belong to one of two typical stereoisomers (penostatins A and B). All the compounds obtained in this experiment exhibited significant cytotoxicity against cultured P388 cells.

12 海洋生物由来のPenicillium属真菌の産生する細胞毒性物質(口頭発表の部)

著者
高橋 千佳
山田 剛司
箕浦 克彦
榎本 正一
沼田 敦
萩下 山治
Takahashi Chika
Yamada Takeshi
Minoura Katsuhiko
Enomoto Shoichi
Numata Atsushi
Hagisita Sanji
出版者
天然有機化合物討論会
刊行物名
天然有機化合物討論会講演要旨集38号67-72p
ISSN:
所属
高橋 千佳
Takahashi Chika
大阪薬大
Osaka University of Pharmaceutical Sciences
山田 剛司
Yamada Takeshi
箕浦 克彦
Minoura Katsuhiko
榎本 正一
Enomoto Shoichi
沼田 敦
Numata Atsushi
萩下 山治
Hagisita Sanji
塩野義創一研
Shionogi Research Laboratories
抄録
Marine microorganisms are potentially prolific sources of highly bioactive secondary metabolites that might represent useful leads in the development of new pharmaceutical agents. As part of our ongoing search for new antitumour metabolites produced by microorganisms from marine organisms, penochalasins A (1)-C (3) have been isolated from a Penicillium sp. originally separated from the marine alga Enteromorpha intestinalis. Furthermore, penostatins A (4)-D (7), F (8) and G (9) have been isolated from this fungal strain cultivated in a different medium from that used for production of penochalasins. The stereostructures and conformations of these metabolites have been elucidated by spectroscopic analyses and some chemical transformations. Penochalasins are a novel class of cytochalasans including a pyrrole ring and exist in different conformers arising from rotation of the C-3-C-10 and C-10-C-3' axes in CDCl_3 and pyndine-d_5. Penostatins A (4)-D (7) and G (9), and F (8) are three-cyclic terpenes including dihydropyran and including cyclooctadienone, respectively. Among these compounds, 1-6 and 8 exhibited significant cytotoxicity against cultured P388 cells.

32 海洋動物由来真菌の抗腫瘍性代謝産物(口頭発表の部)

著者
天形 太郎
入谷 雅士
山田 剛司
箕浦 克彦
沼田 敦
Amagata T.
Iritani M.
Yamada T.
Minoura K.
Numata A.
出版者
天然有機化合物討論会
刊行物名
天然有機化合物討論会講演要旨集39号187-192p
ISSN:
所属
天形 太郎
Amagata T.
大阪薬大
Osaka University of Pharmaceutical Sciences
入谷 雅士
Iritani M.
山田 剛司
Yamada T.
箕浦 克彦
Minoura K.
沼田 敦
Numata A.
抄録
Marine microorganisms are potentially prolific sources of highly bioactive secondary metabolites that might represent useful leads in the development of new pharmaceutical agents. As part of our ongoing search for new antitumour metabolites produced by microorganisms from marine organisms, gymnastatins A (1)-H (8) have been isolated from a strain of Gymnasella dankaliensis originally separated from the marine animal Halichondria japonica. Furthermore, pericosines A (11), B (12), macrosphelides E (13) and F (14) have been isolated from a strain of Periconia byssoides separated from the marine animal Aplysia kurodai. The stereostructures of these metabolites have been elucidated by spectroscopic analyses and some chemical transformations. Among these compounds, 1-3, 6, 7, 11 and 12 exhibited significant cytotoxicity against cultured P388 cells.

45.健診にて発見された肺MALTリンパ腫の1例(第46回日本肺癌学会中国・四国支部会)

著者
大久保 博史
山田 剛司
久保田 益亘
奥崎 健
出版者
日本肺癌学会
刊行物名
肺癌47巻4号380-381p
ISSN:03869628
所属
大久保 博史
三原市医師会病院内科
山田 剛司
久保田 益亘
奥崎 健

誤嚥性肺炎に対するポータブル気管支鏡使用の有用性

著者
松本 香恵
久保田 益亘
大久保 博史
山田 剛司
折村 多恵
藤井 隆之
奥崎 健
Matsumoto Kae
Kubota Mitsunobu
Okubo Hirofumi
Yamada Kouji
Orimura Tae
Fujii Takayuki
Okusaki Ken
出版者
日本呼吸器内視鏡学会
刊行物名
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌30巻4号187-191p
ISSN:02872137
所属
松本 香恵
Matsumoto Kae
三原市医師会病院内科
Department of Internal Medicine, Mihara Medical Associations Hospital
久保田 益亘
Kubota Mitsunobu
大久保 博史
Okubo Hirofumi
山田 剛司
Yamada Kouji
折村 多恵
Orimura Tae
因島医師会病院内科
Department of Internal Medicine, Innoshima Medical Associations Hospital
藤井 隆之
Fujii Takayuki
公立みつぎ総合病院内科
Department of Internal Medicine, Mitsugi General Hospital
奥崎 健
Okusaki Ken
抄録
背景.今日,脳血管障害の後遺症や高齢化による身体機能障害を持つ人が増加している.特に嚥下障害による誤嚥性肺炎は高齢者にとって最も重要な病気の一つである.目的.ポータブル気管支鏡は様々な目的で使用されているが,治療評価などについての報告はあまりない.今回,我々は当院で誤嚥性肺炎と診断し,治療の目的でポータブル気管支鏡を使用した症例を対象に,有用性について検討した.対象.2001年3月から2007年3月までに当科で誤嚥性肺炎と診断し,ベッドサイドでポータブル気管支鏡を使用し検討可能であった44症例と,誤嚥性肺炎と診断され喀痰の自己喀出が可能であると考えポータブル気管支鏡を使用せず治療を行い検討可能であった9症例である.結果.ポータブル気管支鏡使用後86.4%に経皮的酸素飽和度(SpO_2)の改善を認めた.ポータブル気管支鏡使用前後のSpO_2は有意差を持って改善していた.治療中にポータブル気管支鏡を使用している症例の方が生存率は高かった.使用中に重篤な合併症は認めなかった.結語.ポータブル気管支鏡はベッドサイドで使用しやすく非常に有効である.しかし感染に対して注意が必要であり,視野が狭いため手技の習熟も必要である.

23aXA-3 2光子光電子分光法による鉛フタロシアニン(PbPc)薄膜/HOPGの電子励起状態の観測(23aXA 表面界面電子物性,領域9(表面・界面,結晶成長))

著者
渋田 昌弘
山本 勇
山本 亮太
山田 剛司
宮久保 圭祐
宗像 利明
Shibuta M.
Yamamoto I.
Yamamoto R.
Yamada T.
Munakata T.
出版者
社団法人日本物理学会
刊行物名
日本物理学会講演概要集63巻2号-p
ISSN:13428349
所属
渋田 昌弘
Shibuta M.
阪大院理
Graduate School of Science Osaka University
山本 勇
Yamamoto I.
山本 亮太
Yamamoto R.
山田 剛司
Yamada T.
宮久保 圭祐
宗像 利明
Munakata T.

P-27 海水魚由来真菌の産生する細胞毒性物質の構造(ポスター発表の部)

著者
山田 剛司
室賀 康秀
土井 光暢
重田 寛文
沼田 敦
田中 麗子
Yamada Takeshi
Muroga Yasuhide
Doi Mitsunobu
Shigeta Hirohumi
Numata Atsushi
Tanaka Reiko
出版者
天然有機化合物討論会
刊行物名
天然有機化合物討論会講演要旨集50号345-350p
ISSN:
所属
山田 剛司
Yamada Takeshi
大阪薬大
Osaka University of Pharmaceutical Sciences
室賀 康秀
Muroga Yasuhide
土井 光暢
Doi Mitsunobu
重田 寛文
Shigeta Hirohumi
沼田 敦
Numata Atsushi
田中 麗子
Tanaka Reiko
抄録
Based on the fact that some of the bioactive materials isolated marine animals have been produced by bacteria, we have focused our attention on new antitumour materials from microorganisms inhabiting the marine environment. As part of our ongoing seach for new antitumour metabolites produced by microorganisms from marine organisms, chaetomugilin A (1)-H (8) have been isolated from a strain of Chaetomium globosum 106B-6 originally separated from marine fish Mugil cephalus. The absolute stereostructures of 1-8 have been elucidated on the basis of spectroscopic analyses using 1D and 2D NMR techniques, some chemical transformations and X-ray crystal structure analysis. Compounds 1-8 were examined together with 5-FU as standard sample in the cytotoxic assay using the murine P388 leukemia cell line and the human HL-60 leukemia cell line. Compounds 3 and 6 exhibited significant cytotoxic activity against P388 and HL-60 cell lines equal to 5-FU. In addition, 1 and 3 were examined using a disease-oriented panel of 39 human cell lines. The effective concentration (MG-MID) of both compounds were a little higher, but the delta and range values of 1 (1.13 and 1.24, respectively) and 3 (0.71 and 1.19, respectively) disclosed that these compounds showed selective cytotoxic activity (effective value: delta&ge0.5 as well as range&ge1.0).

765 阪神・淡路大震災における地震火災に関する研究 : 実態と今後の課題(都市計画)

著者
室崎 益輝
大西 一嘉
山田 剛司
岩見 達也
IWAMI Tatsuya
出版者
社団法人日本建築学会
刊行物名
日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系35号797-800p
ISSN:13456652
所属
室崎 益輝
神戸大学工学部
大西 一嘉
山田 剛司
地域環境防災研究所
岩見 達也
IWAMI Tatsuya
神戸大学

科学

Syndicate content